クラミジアの再検査可能になる日数と妄想性うつ病

クラミジアは治療を行ってから再検査可能になるまでに3週間程度かかるので、抗生剤を投与してから3週間後に再検査をしてクラミジアの抗体が検出されなかった場合に治療が完了します。しかし治療中に感染しているパートナーとセックスをしてしまうと再度感染してしまうので、再検査可能になっても抗体が検出されてしまうので、もう一度治療を行わなければなりません。クラミジアの治療において重要な事は完全に細菌を消失させることなので、再検査可能な日数を経過したら必ず病院を受診してもう一度検査を受けなければ重症化のリスクもあります。クラミジアは初期症状が軽いので放置されることが多いのですが、女性の場合は内臓まで感染が進んでしまうので激しい腹痛が起きることがあり、重症化することで不妊症になるリスクが高まるので、将来のことを考えると定期的な検査をしてクラミジアや他の感染症を治療しておくことが大切です。妄想性うつ病は現実には経験していない悲観的な出来事が継続的に頭のなかに浮かび上がることでうつ症状がでる病気で、SSRIなどの薬を投与しながら認知行動療法やカウンセリングを行うことで、現実をもう一度見直す作業をします。妄想性うつ病の原因には複数の誤った思い込みがあり、それが1ヶ月以上継続することで妄想性うつ病になります。妄想性うつ病の典型的なものとしては誰かが自分に心を寄せていると思い込んだり、配偶者や恋人に嫉妬することで誤った推測から妄想に発展することがあるので、これらの症状が見られた場合には精神科や心療内科の医師と相談をして誤った思い込みを取り除く必要があります。通常のうつ病の場合はSSRIの服用で改善しますが妄想性うつ病の場合は他の精神病薬を服用することがあります。