マカオでのクラミジア感染と子宮頸がんについて

クラミジアは世界各国で感染者数が増加している性感染症なので、マカオなどで感染するリスクは日本と同様に高いのですが、クラミジアは無症状の割合が高いのでほとんどの場合は感染に気が付かないまま治癒してしまいます。マカオは観光都市なのでセックスなどによる粘膜の直接的な接触も考えられるのでクラミジアだけでなく子宮頸がんの原因とされているコンジローマウイルスなどにも注意が必要で、外務省のホームページなどを確認すると流行している感染症を確認することができるので、マカオでの感染症の流行を確認することで感染のリスクを低下させることができます。子宮頸がんはワクチンを接種することで予防することができますが、現在の日本では子宮頸がんワクチンによる副作用が問題となっていて、任意で受けることになっています。男性の場合は喉頭がんになる可能性があるのですが、性器周辺のイボなどに注意をしていると感染者を見分けることができるので、特徴的なイボがある人とは性行為をしないことが大切です。クラミジアは細菌なので抗生物質の投与によって完治することができるのですが、子宮頸がんの原因はウイルスなのでワクチンの投与によって予防するのが1番効果的であるとされています。クラミジアは感染が進行することで子宮内膜炎や卵管炎になる恐れがありますが、癌になるリスクはないので、子宮頸がんになる恐れはありませんが、クラミジアの感染を繰り返すことでHIVなどの重症化のリスクの高い性感染症にかかりやすくなるので注意が必要で、不特定多数のパートナーとのセックスを続けている女性は半年に一度程度の検査が必要であるとされています。現在ではネットを利用して検査結果を知ることもできるのでプライバシーを保護しながら検査を受けることができます。